石原慎太郎




感動した言葉なので引用させて下さい。









飢えて死ぬ豹となっても腐肉を漁るハイエナとはならない




振り向いても  もうだれもいない


つたって来た足音も 忘却の雪のかなたに消えて


山肌を踏みしめて立ちつくす豹に見えるものは


ただ白く凍えた頂きと その果てのめくるめく青空でしかない


寒さが襲い、飢えが身を引き締めても なぜか不思議に恐怖はない


登らねばならぬ 来た限り


自分自身を全うするためにあの頂けへ



そして その頂きを越えて さらに高く自由などこかに向かって


行く着く その果てに見いだされるものを


他の誰に見えなくとも、自分ひとりが見とどけ、手ににぎりしめ


みずからに与えるために



登らなくではならぬ  人生という山の


真の自分自身という頂きに向かって
[PR]
by weeds-jp | 2011-04-18 20:38 | その他
<< 店休日のお知らせ。 店休日のお知らせ。 >>